読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「Sexy Zone presents Sexy Tour 2017〜STAGE」を終えて

Sexy Zone presents Sexy Tour 2017〜STAGE」全公演お疲れさまでした!

去年の春に行われたWelcome to Sexy Zone Tourでは、1曲目のカラフルEyesで5人揃って出てきて正面のモニターも5分割で、ずっと夢みたいだなって思いながら見ていた。オーラスの挨拶を聞いてもう大丈夫だって思ったけど夢ならば醒めないでほしいと心のどこかで、ほんの少しだけ、感じていたところがあったかもしれない。

でも今年は夢じゃなかった。純粋に最初から最後まで楽しくて5人が大好きで、見たかった光景が目の前にあって幸せだなあと公演中に何度も噛み締めたコンサートだった。
今回メインで演出を考えたのは風磨くんで、コンサートが始まる前からラジオなどで本人が話していたのを聞いていたので彼が好きな世界観に染まるのかなと思っていた。わたしは王道キラキラアイドルが好きだけど、去年ご縁があって参加した「風 are you?」はグループの色とも健人くんのソロとも違ったかっこよさがあって楽しくて、全く心配はしていなかったけどああいう雰囲気になるのかなと思ってた。
そして蓋を開けたらキラキラと大人っぽさが、かわいさとかっこよさが、盛り上がるところと魅せられるところが絶妙なセットリストでいい意味で裏切られて風磨くんが作るステージに感動したしこれからも信頼できるなあって。

過去のソロ曲を5人で魅せた「Teleportation」や「It's Going Down!」、泣けちゃうくらいかわいい5人が詰まっている「キャラメルドリーム」や「Hey you!」、その美脚に夢中になった「私のオキテ」、大人っぽさにハッとさせられた「Miss Mysterious」や「Slow Jam」、当時の振付けのままの「With you」、大好きで大切なデビュー衣装で出てきた「Sexy Zone」…1曲1曲が今までよりもっともっと好きになって本当に大切なコンサートになりました。それぞれのソロや挨拶のときにメンバーカラーで埋まるペンライトの海がそれはもうきれいだった。

そして健人くん。いつだって健人くんのパフォーマンスや言葉に救われているし大好きだけど、今回のツアーではふにゃっとしたかわいい笑顔をたくさん見れたことが嬉しかった。横浜6日2部のSTAGE前の挨拶で「今ここで心から笑えてます」って話したときのお顔がとっても素敵で。
健人くんは役に入り込むタイプというか引きずられちゃうというか*1黒崎くんの時期なんかはちょっと心配になっちゃうくらいだったけど、今回は大好きな笑顔をたくさん見ることができてそれだけで幸せだったなあ。映画の撮影とツアーが並行していてものすごく大変だったはずなのに。

初日の名古屋は仕事が終わらなくて会社にいたしオーラスはチケットが取れなくて、Twitterに流れてくる会場で配られた薔薇の写真を見てめちゃくちゃ羨ましかったけれど、1回1回が本当に楽しくて満足感や充実感でいっぱいです。

こんなに素敵なコンサートに参加できてよかった。Sexy Zoneが健人くんと風磨くんと勝利くんと聡ちゃんとマリちゃんの5人で本当によかった。Sexy Thank You!!!!!

*1:この辺の演技のお話についてはずっと書きたいなと思ってる

2016年のまとめ

せっかく久しぶりにブログをつくったのに全然活用できてない!ということで自分のために今年のジャニーズ現場の覚書きです。

続きを読む

朝井リョウさんのサイン会に行った話

朝井リョウさんの「何様」刊行記念のサイン会に行ってきました。

 

何様

何様

 

 

本は文庫派のわたしですが、 朝井さんの本は毎回待ちきれないので最近は単行本が出たらすぐに買っています。サイン会にも興味がありつつなかなかタイミングが合わなかったのだけど、今回やっと念願かなって人生初のサイン会でした。
過去の様子を検索してみると結構会話ができると目にしたので、話したいと思ったことを3つ挙げてみました。
1. 今年の春まで放送していたANN0が大好きだったこと
2. 「何者」を読んだとき衝撃を受けたこと
3. 以前、健人くんのことを話題にしてくれたこと
さすがに全部話すのは無理だと思い、ラジオは終わってから半年近く経つし後者2つを話そうと頭の中でシミュレーションをしながら(笑)列に並びました。以下、自分だけが楽しい覚え書き。

私「こんにちは〜。」
朝井「ありがとうございます!あっ、名前…」
(わたしの名前について話そうとしてくださったのに緊張のあまり食い気味で話し始める自分…)
私「あの…何者が出たときにちょうど大学3年の就活が始まったときだったのでドキドキしながら読みました」

朝井「わー!じゃあこの本もいまぴったりだ!」
私「はい、そうですね〜!」

朝井「じゃあ…いま2年目?」
私「いや、3年目です」
朝井「じゃあ(仕事が)マンネリしてる?」
私「ははっ、そうなんです〜!笑」
(サインが書き終わりそうなところでもうひとこと話したい!と思いながら)
私「あっ、あとわたしSexy Zone中島健人くんのファンなんですけど、」
朝井「(パッと顔を上げて)あっ、セクガル!!」
私「以前、真夜中のニャーゴで「ケンティーだけ信じてる神が違う」って言ってくださったのがすごく嬉しくて!」
朝井「あれなんか〜すごく広めてくださった方がいたみたいで〜」
私「それをどうしても伝えたくて!」
朝井「おとといくらいもケンティーファンの方にありがとうございますって言われて〜!」
私「はっ、そうなんですね!!本当に嬉しかったです!」
朝井「わー!ありがとうございました!」

「ケンティーだけ信じてる神が違う」と言っていたのは、ネットで配信されているホウドウキョクの真夜中のニャーゴという番組で加藤千恵さんがパーソナリティを務める回に朝井さんがゲストで来たとき*1の発言。アーカイブで見ることができます。

http://www.houdoukyoku.jp/sp/archive_play/00052016051801/1

わたしの頭では思いつかない、作家ならではの表現に衝撃を受けながらもとても嬉しくて。いつかご本人に伝えたいと思っていたので周りに編集さんや書店員さんがいる中、勇気を出しておたくを公言してよかった。

 

アイドルの握手会には何回も行ったけど何も言えないくらい一瞬のできごとだし、コンサートに行ってもわたしがうちわを持つのはファンサがほしいわけではなくて盾みたいなものだし、過去に何回かファンレターを書こうとレターセットを買いに行ったことはあるけど結局恥ずかしくなっちゃって部屋には未開封のままのレターセットが転がっていて。テレビや本の向こう側の人に自分の思いを伝えるなんて無理だと今までは思っていたけれど、今回実際に行ってみたら楽しくて楽しくて、こういう機会があるっていいなと感じました。

f:id:forelsket:20160911005440j:image

過去に書店に並んでいるサイン本は何回か買ったことがあるのだけど、目の前で自分の名前を書いてもらったことが想像以上に嬉しくて帰りの電車で何回も眺めてた。

就活が始まったばかりの頃に「何者」を読んで、社会人3年目のいま、「何様」を読んでそれはもう心を抉られているのだけど、どちらの本も自分にとっていいタイミングで読めたなと。もうすぐ公開される映画も楽しみです。

 

*1:今年の5/18放送