It's time to fall!/5年ぶりの少年たちと少年たちLIVEのこと

夏風邪をこじらせたまま阿部くんのことを考えていたので、9月はお友達にチケットを譲ってもらって少年たちを観てきました。
少年たちは2010年はDVDで、2011年は松竹座と日生、2012年は日生と観て以来ご無沙汰だったので5年ぶりの観劇。
特に2011年は思い入れがあって当時は関西担の大学生だったので、東京の舞台に立つ姿を見れることが嬉しくてバイトするか日生に通うかという夏休みを送っていました…という話は今回はどうでもよくて。
すのすと主演の少年たちは知らないので、以前Twitterで見かけた東銀座にある松竹大谷図書館で2015年、2016年の台本を読んでから観劇してきました。
(http://www.shochiku.co.jp/shochiku-otani-toshokan/index.html)
誰がどの配役なのかを頭に入れられたことと、過去作との違いを知れて予習になったので行けてよかった。台本読むの楽しい。

脱獄しないし看守長は声だけだし大好きな約束の歌も歌ってないし…とわたしが知っている少年たちとは随分変わっていて全体的にコンパクトになっていたなと。2部がガラリと違うんだもんね。
反戦色が強くてちょっと見ててしんどいなって思うところもあったり。ジャニーさんが伝えたいことはもちろん分かるのだけど。

過去の台本読んでても思ったけど頭が切れすぎた阿部くん、好きすぎる。あと最初の乱闘シーンとか双眼鏡を構えながら「脚が長い…スタイルが良すぎる……」ってひたすら思ってた。それから嗚呼思春期で阿部くんがギター弾いてるのを見て自分の胸にナイフがずぶずぶと刺さる音が聞こえました(かっこいい)

 

あとお風呂のシーンで阿部くんと高地くんがポンプ押して泡つくってずっと何かつくってるのかわいかったし、新入りへの自己紹介の阿部くんとフカチュウがめっちゃかわいかった!

ほぼほぼ阿部くんしか見れてないのだけど、2幕の宮舘くんと慎ちゃんのシーンがとても好きだった。客席に降りて色々聞くところで「…好きって言って」って言うだてさまずるくない!?健人くんとはまた違う感じですごいひとだ…と思いながら見ていました。


そしてSHOW TIMEをとても楽しみにしていたのだけど、Ⅵ Guys Snow Manがかっこよすぎて!ナナナ〜♪で口元に手を当てる振りが好きすぎるし、最後に髪をかきあげた阿部くんかっこよすぎて心の中でギャーッってなった。

 あとすとのJAPONICA STYLEはジャニヲタ絶対みんな好きだよね…!わたしももれなく好きです。北斗の色気がすごかった。

初めて見たNON STOP!!は好きしかないしWe'll Be Togetherの阿部くんは確か片方だけ髪を耳にかけてて白いスーツだし王子様みたいだった…すき……。

 

そして少年たちLIVEは地方だし自ユニ以外で遠征はしないというマイルールを決めていたのだけれど、Ⅵ Guysをもう一度見たかったのと姫路のかわいすぎる阿部くんのレポを読んで気付いたら有休申請して夜行バスを取って和歌山行きを決めていました。ちょうど仕事が落ち着いていたとはいえ、さすがに2日前に遠征決めたのは初めてで自分のフットワークの軽さに笑うしかなかった…。直前だったけど丁寧に対応してくれた方に譲っていただけてよかったです。

とにかく少年たちの楽曲が好きなのでまとめて聴けたのは楽しかったし、軍服とかバスケのユニフォームでMCしてるの面白すぎたけどすのすとそれぞれ話は面白いしはるばる和歌山まで来た甲斐があったなあ。初めて聴いたLOVEがとってもよかったし、現場で聞くミッドナイトシャッフルはやっぱりテンション上がる。

あと背中越しのチャンスとCan do! Can go!でひとりだけフレジュみたいに全力で踊る阿部くんかわいすぎて「阿部くんって(いい意味で)こんなことする人なんだ!?」ってまた好きになった……。

 

和歌山に向かう夜行バスで久しぶりに聴いた槇原敬之のFallの1番の歌詞が今の自分にどんぴしゃすぎてちょっと笑っちゃうくらい、自分の中の決めごととかあれこれがガタガタと崩れ落ちていってるなあという感じです。

http://j-lyric.net/artist/a0005ff/l033bd7.html

 

数年ぶりに担当とは、ということを考えている秋の夜でした。

真夏の雪に魅せられて/君たちがKING'S TREASURE Snow Man公演

2017.08.09 18:00@EXシアター六本木

あのね、恋は革命ですよ。自分の中の常識が全部ひっくり返っちゃうようなものなの。

ドラマ『Q10』第2話より

 

健人くんのソロコンにつくJr.がどうやらSnow Manらしいと公演が始まる前に発売されたQLAP!8月号を読んで知って、BBJや少クラで披露されたMr.Jealousyのバックくらいしか一緒にやってるイメージがなかったのでどんな感じなんだろう〜と思いながら7/29、初日のTDCに向かった。

健人くんと阿部くん、2人をいかにして見逃さないようにするか必死だった。元々すのでは阿部くんが好きなのだけど、セクゾンと現場が被ることってほとんどないので冬の帝劇とか少クラ公録で健人くんが出てないときに見るくらいで満足してた。それなのに。

Mission:Kのオーラス翌日、余韻に浸りながらすのキントレの日程を調べて「慣れない現場にひとりで行くのはさすがに…」なんてうだうだ悩みながら数日が経ち。

初日に流れてきたセトリを見てその日の深夜にチケットを譲っていただける方を見つけて次の日の夜公演に行ってきました。この行動力をもっと他に活かして欲しい。

f:id:forelsket:20170913040230j:image

すのは全く知らないグループではないけれどまさか自ら足を運んで見に行くとは思ってなかったし、オリジナル曲も少クラで数回聴いた程度だし、EXシアターは2年前にガムシャラの聡マリ公演を見に行ったっきりだったのでスタンディングは不安だし…なんてドキドキしながら向かったのだけど、そんなのは杞憂でとっても楽しかった!!

1000番台だったのでほぼほぼ上半身しか見えなかったけどそんなの関係ないくらい本当に楽しかったしバルコニーや後ろの通路に来ると本当に近い。六本木の地下の夏はこんな感じだったんだ。

もう1ヶ月経ってしまったので公演直後のツイートからいくつか。

「じゃなくて」をソロで歌ったというレポを読んだのが完全に引き金だったのだけど、これが本当に天才で雷に打たれたようだった。ペンライトを握りしめて見つめることしかできなかった…。

春夏秋冬はハッピーな歌ではないけど前々から大好きな曲なので胸がぎゅっとなった。バルコニーで歌う阿部くんがロイヤルすぎて。

スタンディングじゃなかったらたぶんその場で崩れ落ちてた。

 踊ってるときとMCのかわいさのギャップでなんかもうどうしたらいいかわからなかった。あとSUMMER NUDEとか愛はタカラモノの阿部くんも最高だった…。

ここ5年間はセクゾンの現場が中心だったのでステージ上のあらゆることが新鮮だったしガツガツ踊れるすのは見ていて気持ちいいなって思った。終演後は行く前の不安が嘘のような充実感だった。

 

夏の間ずっと熱に浮かされていてどうしたものかと思っていたら8月の終わりに湾岸ライブのお知らせが発表されて。情報局がリニューアルするタイミングでもう使わないな、と10年近く使っていた名義を手放したはずなのにその日の深夜に仮登録→翌日にPay-easyしてきた自分に心底驚いた。落選だったけれど。

 7月末からまさに自分の中の常識が全部ひっくり返ってしまって、こんな感覚に陥るのが久しぶりだったのでどうしたらいいのか、どうなるのかわからないけどそのときの自分に委ねるしかないなと思いながらまだまだ夏の思い出に浸っています。

骨格診断とパーソナル診断を受けてきた話

半年くらい前に骨格診断とパーソナルカラー診断について書かれていたブログを読んで以来ずっと気になっていたのですが、やっと受けてきました。

さまざまなブログを読んでいて大丸でやっているものが一番有名なのかな?と何度か予約を試みたものの、なかなか予約が取れず諦めかけていたところに美容院でこうした診断をやっているところがあるという話をたまたま目にして今回行ってきました。

服装はひざ丈のフレアスカートやミモレ丈スカートが好きで、脚や二の腕の太さが気になるので身体のラインが出るものや肌の露出が多いものはほとんど着ない。骨格のストレート、ウェーブ、ナチュラルの3タイプの中ではナチュラルはまず無いなと思っていて、ウェーブのふわっとした服装が好みだけど消去法で行くとストレートかなという自己診断。

美容師さんから軽く説明を受けてまずは骨格診断から。頭の形や手の厚み、肋骨の形から脚まで全身を少しずつチェックしてもらった結果、やはりストレートでした。

当日着て行った服装や診断を受ける前に手に取っていた雑誌が美人百花だったことから「ウェーブが好きなんだろうけど…ストレートかな」と申し訳なさそうに言われてしまって逆にすみませんという気持ちに。肌の質感からもわかるそうで、弾力があって柔らかいのでウェーブの要素も少しあるかもと補足。

ストレートタイプはIラインとのことでタイトスカートだったり、首元はVネックでもUネックでもいいから詰まってなくて広く開いているものがいいと言われました。他にワイドパンツなんかも合うと思うと言われたけれど、どちらかというと童顔なのでこれらの服はどれも全く着ないんですよね…。雑誌を見るとパリッとしたシャツとかトレンチコートが挙げられているけど就活のときに着ていたトレンチが自分の中ではめちゃくちゃ似合わなかったのでどうしたものかと…!でも必ずしもこのタイプの服を着なきゃいけないというわけではなくて、ちゃんと自分のサイズにあったものを着ればいいんですよと丁寧なアドバイスをいただきました。美容院なので似合う髪型も教えてもらえました。

 

続いてパーソナルカラー診断。自分の顔が好きじゃないからメイクも苦手で、イエローベースとブルーベースって何…?というレベル。日焼けしても赤くなるだけだし、白すぎて引かれた過去があるのでブルーベースなのかなあとなんとなく思っていました。

こちらはスプリング、サマー、オータム、ウインターの4つのドレープを首元にあてて顔色を見ていくとのこと。基本的にパーソナルカラーは変わることはないけど顔は日焼けなんかで春夏と冬では結果が少し違ってくることもあるようで、焼けにくい腕の裏側でも見てもらいました。まずはゴールドとシルバーのドレープをあててもらったのだけど、この2つではゴールドが合うようでアクセサリーもゴールドがいいと言われたことが衝撃でした。持っているネックレスはシルバーだけだし、腕時計もシルバーでゴールドなんてひとつも持っていないのでただただびっくり。ピンクゴールドもいいと言われたので診断を受ける前にかわいいと思って見ていたピンクゴールドの腕時計を買っちゃおうかなと心が揺れる。

代わる代わるドレープをあててもらった結果、わたしはイエローベーススプリングでした。ただ、腕の内側で見るとサマー要素もあるようで先生によってはサマーと診断する人もいると思いますとのこと。もしかしたらファンデーションの色があってなかったのかもしれない…。

ストレート×スプリングは芸能人でいうと上戸彩ちゃんだそうで、いやいや正反対です…と。ストレート×サマーはこじはるだそうでこちらも全く目指せる気がしない。

診断を受けてみて驚くことばかりで勇気を出して行ってよかったなというのが一番の感想です。瞳の色が茶色だとか自分では全然わからなかったし最近お店でどんな服を見ても着たいと思える服がなくてなかなか買い物ができてなかったので、プロにアドバイスをしてもらってこれからの洋服選びの参考になりそうだなと。診断をしてくれる人によって若干変わってくると思うしやっぱりストレートタイプの服を着こなせる気がしないけど、少しずつ取り入れてみるのもいいし、年齢を重ねたらまた自分の好みとか色々と変わってくるのかな。そろそろ年齢的にちゃんとしなきゃと思い始めたところだったのでとてもいい機会になりました。

 

 

「Sexy Zone presents Sexy Tour 2017〜STAGE」を終えて

Sexy Zone presents Sexy Tour 2017〜STAGE」全公演お疲れさまでした!

去年の春に行われたWelcome to Sexy Zone Tourでは、1曲目のカラフルEyesで5人揃って出てきて正面のモニターも5分割で、ずっと夢みたいだなって思いながら見ていた。オーラスの挨拶を聞いてもう大丈夫だって思ったけど夢ならば醒めないでほしいと心のどこかで、ほんの少しだけ、感じていたところがあったかもしれない。

でも今年は夢じゃなかった。純粋に最初から最後まで楽しくて5人が大好きで、見たかった光景が目の前にあって幸せだなあと公演中に何度も噛み締めたコンサートだった。
今回メインで演出を考えたのは風磨くんで、コンサートが始まる前からラジオなどで本人が話していたのを聞いていたので彼が好きな世界観に染まるのかなと思っていた。わたしは王道キラキラアイドルが好きだけど、去年ご縁があって参加した「風 are you?」はグループの色とも健人くんのソロとも違ったかっこよさがあって楽しくて、全く心配はしていなかったけどああいう雰囲気になるのかなと思ってた。
そして蓋を開けたらキラキラと大人っぽさが、かわいさとかっこよさが、盛り上がるところと魅せられるところが絶妙なセットリストでいい意味で裏切られて風磨くんが作るステージに感動したしこれからも信頼できるなあって。

過去のソロ曲を5人で魅せた「Teleportation」や「It's Going Down!」、泣けちゃうくらいかわいい5人が詰まっている「キャラメルドリーム」や「Hey you!」、その美脚に夢中になった「私のオキテ」、大人っぽさにハッとさせられた「Miss Mysterious」や「Slow Jam」、当時の振付けのままの「With you」、大好きで大切なデビュー衣装で出てきた「Sexy Zone」…1曲1曲が今までよりもっともっと好きになって本当に大切なコンサートになりました。それぞれのソロや挨拶のときにメンバーカラーで埋まるペンライトの海がそれはもうきれいだった。

そして健人くん。いつだって健人くんのパフォーマンスや言葉に救われているし大好きだけど、今回のツアーではふにゃっとしたかわいい笑顔をたくさん見れたことが嬉しかった。横浜6日2部のSTAGE前の挨拶で「今ここで心から笑えてます」って話したときのお顔がとっても素敵で。
健人くんは役に入り込むタイプというか引きずられちゃうというか*1黒崎くんの時期なんかはちょっと心配になっちゃうくらいだったけど、今回は大好きな笑顔をたくさん見ることができてそれだけで幸せだったなあ。映画の撮影とツアーが並行していてものすごく大変だったはずなのに。

初日の名古屋は仕事が終わらなくて会社にいたしオーラスはチケットが取れなくて、Twitterに流れてくる会場で配られた薔薇の写真を見てめちゃくちゃ羨ましかったけれど、1回1回が本当に楽しくて満足感や充実感でいっぱいです。

こんなに素敵なコンサートに参加できてよかった。Sexy Zoneが健人くんと風磨くんと勝利くんと聡ちゃんとマリちゃんの5人で本当によかった。Sexy Thank You!!!!!

*1:この辺の演技のお話についてはずっと書きたいなと思ってる

2016年のまとめ

せっかく久しぶりにブログをつくったのに全然活用できてない!ということで自分のために今年のジャニーズ現場の覚書きです。

続きを読む

朝井リョウさんのサイン会に行った話

朝井リョウさんの「何様」刊行記念のサイン会に行ってきました。

 

何様

何様

 

 

本は文庫派のわたしですが、 朝井さんの本は毎回待ちきれないので最近は単行本が出たらすぐに買っています。サイン会にも興味がありつつなかなかタイミングが合わなかったのだけど、今回やっと念願かなって人生初のサイン会でした。
過去の様子を検索してみると結構会話ができると目にしたので、話したいと思ったことを3つ挙げてみました。
1. 今年の春まで放送していたANN0が大好きだったこと
2. 「何者」を読んだとき衝撃を受けたこと
3. 以前、健人くんのことを話題にしてくれたこと
さすがに全部話すのは無理だと思い、ラジオは終わってから半年近く経つし後者2つを話そうと頭の中でシミュレーションをしながら(笑)列に並びました。以下、自分だけが楽しい覚え書き。

私「こんにちは〜。」
朝井「ありがとうございます!あっ、名前…」
(わたしの名前について話そうとしてくださったのに緊張のあまり食い気味で話し始める自分…)
私「あの…何者が出たときにちょうど大学3年の就活が始まったときだったのでドキドキしながら読みました」

朝井「わー!じゃあこの本もいまぴったりだ!」
私「はい、そうですね〜!」

朝井「じゃあ…いま2年目?」
私「いや、3年目です」
朝井「じゃあ(仕事が)マンネリしてる?」
私「ははっ、そうなんです〜!笑」
(サインが書き終わりそうなところでもうひとこと話したい!と思いながら)
私「あっ、あとわたしSexy Zone中島健人くんのファンなんですけど、」
朝井「(パッと顔を上げて)あっ、セクガル!!」
私「以前、真夜中のニャーゴで「ケンティーだけ信じてる神が違う」って言ってくださったのがすごく嬉しくて!」
朝井「あれなんか〜すごく広めてくださった方がいたみたいで〜」
私「それをどうしても伝えたくて!」
朝井「おとといくらいもケンティーファンの方にありがとうございますって言われて〜!」
私「はっ、そうなんですね!!本当に嬉しかったです!」
朝井「わー!ありがとうございました!」

「ケンティーだけ信じてる神が違う」と言っていたのは、ネットで配信されているホウドウキョクの真夜中のニャーゴという番組で加藤千恵さんがパーソナリティを務める回に朝井さんがゲストで来たとき*1の発言。アーカイブで見ることができます。

http://www.houdoukyoku.jp/sp/archive_play/00052016051801/1

わたしの頭では思いつかない、作家ならではの表現に衝撃を受けながらもとても嬉しくて。いつかご本人に伝えたいと思っていたので周りに編集さんや書店員さんがいる中、勇気を出しておたくを公言してよかった。

 

アイドルの握手会には何回も行ったけど何も言えないくらい一瞬のできごとだし、コンサートに行ってもわたしがうちわを持つのはファンサがほしいわけではなくて盾みたいなものだし、過去に何回かファンレターを書こうとレターセットを買いに行ったことはあるけど結局恥ずかしくなっちゃって部屋には未開封のままのレターセットが転がっていて。テレビや本の向こう側の人に自分の思いを伝えるなんて無理だと今までは思っていたけれど、今回実際に行ってみたら楽しくて楽しくて、こういう機会があるっていいなと感じました。

f:id:forelsket:20160911005440j:image

過去に書店に並んでいるサイン本は何回か買ったことがあるのだけど、目の前で自分の名前を書いてもらったことが想像以上に嬉しくて帰りの電車で何回も眺めてた。

就活が始まったばかりの頃に「何者」を読んで、社会人3年目のいま、「何様」を読んでそれはもう心を抉られているのだけど、どちらの本も自分にとっていいタイミングで読めたなと。もうすぐ公開される映画も楽しみです。

 

*1:今年の5/18放送