君にいいことがあるように

平成最後の夏、というだけで何もかもが眩しく見える今年はTDCホールでSnow Manと過ごす夏でした。

といってもチケットは当たらず、仕事が忙しい時期と被ってしまって全く休めず1公演しか見ることができなかったけれど、1週間たった今でも余韻に浸っているほど楽しかったなあ。サマパラ感想も書くつもりですが、今日はその前に残しておきたかったことを書きます。

滝沢歌舞伎~ラスト・ホールド!~サマパラの期間中にドル誌以外のTV誌や舞台・映画誌にもインタビューや座談会が掲載されたりして色々な場所で阿部くんの言葉を目にする機会があったのだけど、その中でも印象的だったものを取り上げます。

遡ること5月、滝沢歌舞伎公演中に放送された三宅健くんのラジオ番組に出演Jr.がゲストに呼んでもらっていたのですが、深澤くん渡辺くん阿部くん目黒くんの4人で出演した回の書き起こしの一部です。


阿部)あの、毎回思ってたんですけどSPARK出たかったなあって
三宅)あー、出たかったなって思ってたの?
阿部)後悔してます…後悔っていうか、いや、めちゃめちゃかっこよくて。あのー、滝沢歌舞伎の公演が始まる前のゲネプロとかで、ちょっと客席とかで見てるときに、めっちゃかっこいいなって思って
三宅)思ってたのね
阿部)はい。うわっ出たかったな〜って毎回聴くたびに。もう健くんもめっちゃかっこいいし、チームSPARKも、
三宅)袖で見てるの?
阿部)ちょうど着替えてるときなので本番中は見れないんです
三宅)そうかそうか、リハで見てたときにね
阿部)リハで見たり、本番の映像とかを確認するフリしてSPARKちょっと見たり
三宅)へえ〜そうなんだ
阿部)めっちゃいいですよね、あれ…はい。っていうチームSPARKじゃないほうの叫びです
三宅)はははっそうか
阿部)めっちゃいいです
三宅健のラヂオ 2018.05.14 】

この前の部分でそれぞれ今回は何をやっているの?という話題があり、阿部くんは正直そんなに出番が多いほうではなくて「あべちゃんの天気予報」のことを話していたのだけど、先輩本人を前にしてこうして発言できるのってすごいことだと思う。

SPARKはV6の楽曲で、歌舞伎では健くんのバックに岩本くん宮舘くん佐久間くん林くんの4人が選抜されていてものすごくかっこよくて、わたしもSPARKを踊る阿部くんを見てみたかったなと思いながら観劇していたので本人の口から「出たかった」のいう言葉を聞けて胸がきゅっとなったけどうれしかったなあ。このラジオの録音したものは数ヶ月たった今でも定期的に聞き直しています。

それから7月にはメンズノンノの資格特集のページとAERAの大学ムック本で単独インタビューがありました。

Men's NONNO(メンズノンノ) 2018年 08 月号 [雑誌]

Men's NONNO(メンズノンノ) 2018年 08 月号 [雑誌]

 

 

 

就職力で選ぶ大学 2019 (AERAムック)

就職力で選ぶ大学 2019 (AERAムック)

 

男性ファッション誌の資格特集ページに載れる阿部くんかっこよすぎでは…!?と思いつつ、次はモデルとして載ってほしいなあと思ってみたり。

そしてAERAのムック本のインタビューを読んだとき、泣いてしまった。詳しくはぜひ誌面を読んでほしいのですが、大学でのアドバイスや、大学院進学にあたってマネージャーさんとの話し合いで号泣するほど悩んだことなどが書かれていて、わたしは阿部くんのことをずっと見てきたわけじゃないのに感情がぐちゃぐちゃになってしまった。

上智の大学院を出ていたら就職だって困らないだろうし、顔良しスタイル良しな阿部くんだったらアイドルの道を選ばなくてもきっと幸せな人生を送れたと思う。それでも学業と仕事を両立して院卒アイドルという肩書きを手に入れてくれた。今年3月、大学院の学位授与式に出てから横浜アリーナで行われたJr.祭りの合同公演に現れたというレポを読んで、仕事で行けなかったわたしは会社の休憩室で泣いていた。

わたしはしっかりとした意志を持ったアイドルが大好きだ。阿部くんが報われない世界なんて絶対嫌だし、たくさんいいことが訪れてほしいし、望んでいることは全部かなってほしい。いちファンにできることなんてたかが知れているけれど、微力ながらも応援できたらいいなと改めて思う夏の夜でした。